TOEICの学習って役に立たないの?【検証してみた】

【検証してみた】TOEICの学習って役に立たないの?

※ここでのTOEICは、
TOEIC Listening & Reading Testを指しています。

 

TOEICの勉強なんて実践で何の役にも立たない
そう考えるとTOEICの勉強なんてそもそも意味ないのでは?

先に結論を申しますと、TOEICの勉強は実践でも活きます。

なので、TOEICの勉強は決して無駄ではありませんし、役に立たないと否定するのはもったいない気がします。

確かに、TOEICの勉強をして高スコアを取れたからといってネイティブ並みに英語が話せるようになるのは厳しいかもしれません。

TOEICが役に立たないと言われる理由

ではなぜTOEICの勉強は役に立たない、意味ないと批判されることがあるのでしょうか。

TOEIC高得点でもネイティブ並に話せない

TOEIC高得点だけではネイティブ並に話せない

そもそもTOEICはリーディングやリスニングをメインに扱った試験で、スピーキングを試験に盛り込んでいないのです。

なので、TOEICの勉強をして読む・聞くはある程度できるようになっても、話せる力をつけるには別に勉強が必要となります。

TOEICスコアが900点超えなのに流暢に話せないという方をよく見かけますが、それはリーディングやリスニングに特化していてスピーキングの勉強は後回しにしている方たちなのです。

そしてTOEIC自体も、【「聞く」「読む」英語力を測るTOEIC® Listening & Reading Testでは、Listening(聞く)・Reading(読む)という2つの英語力を測定します。】と述べています。
URL:http://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about.html

TOEICで扱う英語の範囲は全てを網羅していない

TOEICで扱う英語の範囲は全てを網羅していない

TOEICはビジネス向けということで、仕事で出会う文章やコミュニケーションの場面がたくさん登場します。

つまり、TOEICで出てくる内容を覚えておくと、ビジネス英語の基礎部分は身につくと考えます。

しかし、ビジネスで英語といっても、営業、企画、研究、人事など、様々な部署で使う英語も異なるでしょうし、もっといえば金融、製薬、医療、IT、貿易と、業種が違えば使う英語も異なります。

TOEICはビジネス全ての英語を網羅しているわけでもなく、全生活をカバーしているわけでもないのです。

リスニングで出てくる英語は標準的なアクセント

リスニングで出てくる英語は標準的なアクセント

英語圏の国々よって発音が違うだけでなく、各国の中でも様々な方言があります。

TOEICは、主要英語圏の標準的なアクセントを試験で扱っており、

方言など含む、全ての発音をカバーしているわけではないのです。

例えば、イギリス、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアで話す英語の発音は異なりますし、イギリスやアメリカでも地方によって方言の違いがあり、ネイティブレベルの方でも方言や他国の英語を聞き取れない場合も有り得るのです。

つまり、TOEICが高得点だから、様々なネイティブの声を聞き取って受け答えできるのかといえば、そうでもないというのが現状です。

さらにTOEICのリスニングにおけるスピードは、一般的なネイティブとの会話時と比べて遅くなっています。

TOEICの勉強が役に立つ理由

ではなぜ逆にTOEICは役に立つのでしょうか。

もちろんTOEICの点数が高いと、企業などが就活の際に評価してくれる傾向はありますし、昇進試験等の際にも有利に働くことがあります。

しかし、それだけではありません。

TOEICができると英語の基礎力が身につく

TOEICができると英語の基礎力が身につく

そもそもですが、TOEICはリスニングとリーディングを計る試験です。

そして、TOEICで高スコアを狙いにいく過程で、リーディング、リスニング力にプラスして単語、文法、という英語の基礎が身につけられるのです。

つまりTOEICは、日本人が実践の場で英語を使いこなせるようになるための、一つの通過点にもなり得ます。

それに、もっと言ってしまえば、聞き取りが出来なければ相手の言っていることは理解できないですし、読むために身につけた単語と文法を知らなければ、ライティングなども出来ないのです。

英語に対して意欲があることをアピールできる

TOEIC高得点は英語に対して意欲があることをアピールできる

例えば、企業において海外赴任の試験があり、AさんとBさんのどちらかを選ぶ場合、

Aさん『TOEIC500点しかありませんが、イギリスに駐在したいです』

Bさん『TOEIC900点あるのでイギリスに駐在させてください』

もしAさんとBさんが同じ資質と業務成績だとしたら、どちらを試験に合格させますか?

もちろんBさんでしょうし、評価する側も『Aさんよりも、Bさんのほうが英語が現時点でできるだけでなく、英語に対する意欲も高い。将来的にハードな駐在生活に耐えきれるだろう』と考えるでしょう。

まとめ

TOEICの学習って役に立たない?のまとめ

TOEIC自体、「聞く」「読む」英語力を測る試験であり、

出題範囲も全てのシチュエーションを網羅しておらず、更にはリスニングも各地の訛りなど様々な発音を含んでいないのです。

したがって、TOEICができる=英語がペラペラという図式が成り立ちにくく、

「英会話能力を伸ばそうとしている人」にとって直接的な相関がある試験とは言いづらいでしょう。

しかし一方で、TOEICを勉強する過程で基礎的な英語力は身につくでしょうし、スコアも上がれば、英語に対して意欲があることをしっかり周囲にアピールできるでしょう。

TOEICなんて勉強しても無駄だし、実践で役に立たないと思っているあなた、

もう一度TOEICに対する考えを見直してください。

TOEICでさえ出来ない人は、話すことも書くことも難しいということを。

※現在、TOEICでは様々な形式のテストを用意しており、スピーキングとライティングに特化したテストなども用意しています。

詳しくは、下記URLをご確認ください。
http://www.iibc-global.org/toeic/toeic_program.html#anchor02

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー

最初のコメントをしよう

必須


Warning: imagecreatefromstring(): Empty string or invalid image in /home/bijinabi/gogakustudy.com/public_html/wp-content/themes/shaper/functions.php on line 296