【英語など】語学学習の現実、伸び悩む前に知ってほしい成長曲線の仕組み

【英語など】語学学習の現実、伸び悩む前に知ってほしい成長曲線の仕組み

時間も取って、誰しもが良いと認める参考書を使っているのに
全然TOEICの成果が伸びない。

もう諦めようかな。

私には英語なんて向いていないのかも・・・

というふうに、諦めムードになっていませんか?

ちょっと待ってください。

英語や中国語など語学学習のほとんどは、成果までに時間がかかりますし、翌日いきなり話せるようになった、という話はほとんど聞きません。

通常でも成長を実感するのに半年程度かかるため、大半の方はすぐに学習を諦めてしまいます。

英語など語学力は成長曲線が当てはまる

英語など語学力は成長曲線が当てはまる

そもそも英語などの語学にも、成長曲線というものが存在するのをご存知ですか?

成長曲線とは上記の図にあるよう、継続的に努力をしているのに結果が伸びない停滞期を過ごし、やがて突然ブレークするタイミングがやってきて、一気に上達する流れを言います。

自分でも驚くほどいきなり伸びたり、結果が出るようになるのです。

通常は、コツコツ学習するとそれに比例して成果が出ると思いがちですが、英語や中国語など、語学の学習にはこの成長曲線の図式が当てはまります。

そして仕事、趣味、特技そして普段の生活でも当てはまる事が多いです。

例えば、初めて自転車に乗れた時などを思い出してください。

最初は転んでばかりの繰り返しで全然乗れず、練習しても徐々には上達しません。

しかし、急に上手になるタイミングが現れます。

このタイミングを迎えたら、今まで転んでいたのを忘れるかのように、2度と倒れることなく自転車を運転できるようになります。

そして驚くことに、自転車の例のごとく一度上がったスキルや成果は偶然ではなく、しっかりした実力となっているのです。

英語や中国語などの学習もこれと同じ現象が起こります。

正しい勉強法で数多くの時間を費やしても、最初は全然テストのスコアも伸びないでしょう。

その結果、上記の図にもあるよう自身が思い描く成長直線と、現実の成長曲線のギャップに悩んで学習を諦めてしまうのです。

学習においてブレークするタイミングを越えると、新しい世界が見えてくるのにも関わらず・・・

英語学習などの成長期はいつ来るのか

英語学習などの成長期はいつ来るのか

では、語学学習におけるブレークする時期はいつなのでしょうか。

このタイミングについては個人差にもよりますが、努力しても中々結果が伸びなくて辛いと思った時がブレークするポイントの一歩手前なのです。

なのに真面目な人に限って、「自分はこれだけ努力しているのに」という今の気持ちと、実際の成果のギャップにもがき苦しみ諦めてしまうのです。

しかし実際のところ、あと少し努力していればブレークしていたのに・・・という人は少なくありません。

強調しますが、努力しても中々結果が出なくて辛い時期を乗り越え学習を続けられた人だけが、成長曲線を実感できるのです。

そして語学力がワンランク上がった後、また伸びが実感できない時期が来ます。

その際は教材を含む学習法を再度見直し、改善を行いつつ継続していくのです。

そうしていくうちに、ある時ふと自分の語学レベルがまたぐっと成長しています。

このように語学のスキルは努力を続ける度に、停滞期→成長期→停滞期→成長期と上昇していきます。

英語などの学習で突然成長する理由

英語などの学習で突然成長する理由

では、なぜ突然成長するのかですが、おそらく試行錯誤の中で自身に合った学習法を経験ベースで獲得して、そのコツをベースに学習を継続するからでしょう。

「こうすればうまくいく!」というのは参考書などのおかげで頭ではわかるものの、自分の経験で試していかないと掴めないものです。

実際に、インプット→トライ→失敗→改善→インプット→再トライ→また失敗・・・というプロセスを、時には無駄と思える作業や時間を費やし繰り返す過程で、徐々に経験が積み上がりコツが掴めるようになります。

だからこそ英語学習などは継続が大事

だからこそ英語学習などは継続が大事

どんな成功者も続けたから成功したのであり、継続できれば、成功の確率は高くなります。

そもそも論ですが、続けることが語学学習の土台なのです。

「続けること」を意識すれば、その他大勢よりも早く結果を出すことができます。

そのためには成長曲線の仕組みを知り、併せて辛いだけでは学習も続かないので、どこかで語学の楽しさを見出してください。

参考:【英語など】勉強よりもまずは語学の学習を楽しもう【2つのコツ】
https://gogakustudy.com/enjoy-language/

まとめ

【英語など】成長曲線の仕組みまとめ

時間も取ってしっかり勉強しているのに、結果が出ないでは諦めたくなるのもわかります。

しかし、英語など語学にも成長曲線があるのを知っていて学習を諦めるのはもったいなくありませんか?

もしかしたら、あなたの英語はブレークする一歩手前かもしれませんよ。

頑張っても結果がでないから諦めようと考えるのではなく、

今は停滞期に入っているだけなので焦ることなく毎日の学習を継続しよう!

このように考えてください。

最後に繰り返しになりますが、努力しても中々結果が出なくて辛いと思った時期がブレークポイントの一歩手前なのです。

このタイミングでもう一歩がんばりましょう!

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー

最初のコメントをしよう

必須


Warning: imagecreatefromstring(): Empty string or invalid image in /home/bijinabi/gogakustudy.com/public_html/wp-content/themes/shaper/functions.php on line 296