英語など語学習得に年齢は関係ない?いつでも習得できる理由と心構え

英語など語学習得に年齢は関係ない?いつからでも習得できる理由と心構え

『大学の時にもっと語学の勉強しておけばよかった』
『子どもの頃から語学はやっていないと、話せるようになれないのでは・・・』

と思う社会人の方って多いのではないでしょうか。

しかし、

『大人になってから語学の勉強ってもう遅いんじゃないかな』
『英語とか勉強したところで、年をとってるし物覚えも悪いはず・・・』

と考える方もいらっしゃるでしょう。

そう、英語など、『語学の勉強をやり直したい』と思った時に気になることは”年齢”です。

しかし、年齢って語学の勉強に関係あるのでしょうか。

結論から言いますと、

『年齢は英語など、語学の勉強にそこまで大きく関係ない』

というのが答えです。

語学習得に年齢が関係あると言われる理由

語学習得に年齢が関係あると言われる理由

ではその一方で、「外国語の習得には年齢がネックになる」という話は、なぜここまで普及しているのでしょうか。

記憶力が落ちる?

「最近、よく物忘れをするし、学生時代と比べて記憶力が落ちている気がするんだけど・・・」

年齢を重ねるに連れ、記憶力が減退すると考える人は多いのではないでしょうか。

しかし・・・・・
記憶力は年をとってもあまり変化は無いです!

実際にGoogleで『記憶力 年齢』と検索すると、数々の権威性あるサイトにて、

『記憶力はそう簡単に衰えるものではない』という記述が目立ちます。

それに、大人になって一度しっかり覚えた語学は、簡単には忘れないという専門家の意見もあります。

発音がネイティブっぽくならない?

大人になるにつれ、帰国子女のように流暢な発音は習得できないと思い込んでいる方が目立ちますが、本当にそう言えるのでしょうか。

ネイティブ並みの発音まで到達できないとしても、自分の伝えたいことがしっかり相手に伝わる発音を習得することは、大人になっても十分できます。

それにネイティブ並みに話せなくても、相手にはあなたの英語などは充分伝わります。

臨界期仮説の影響?

臨界期仮説とは、一定の年齢を過ぎると言語の習得が困難になるという仮説で、皆さんも一度はこの仮説の中身を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ただし、現在においても臨界期仮説についてしっかりとした立証はなされておらず、語学の習得には年齢以外の要因もあるのではという意見もあり、『あくまでも仮説である』というのが現状です。

大人になってからの言語習得で必要な心構え

大人になってからの言語習得で必要な心構え

『やる気はあるけど、残業や飲み会続きで中々勉強する機会がない』
『仕事などで疲れて、更に勉強する気力がない』

などのようなことを考えて、社会人ですと全然英語などの勉強が進まないこともあるでしょう。

その気持ちはすごく理解できますが、なぜやる気があるのに勉強が進まないのでしょうか。

語学の学習は辛くて当たり前と思っていませんか?

第二言語の習得において、この考えは捨てましょう。

好きこそものの上手なれで、人は好きな事にに対してはモチベーション高く努力するので、上達が早いのです。

辛い、苦しいと思いながらでは、いくらやる気があっても継続学習することはできません。

例えば、英語などのアニメや、TVゲームで楽しみながら勉強したり、インプットしたことを英会話で楽しみながらアウトプットしたりと、とにかく楽しんで学習することも頭に入れておきましょう。

参考:【英語など】楽しいと思える語学の学習を【2つのコツ】
https://gogakustudy.com/enjoy-language/

時間が無いからこそ語学は伸びる

『学生時代などと比べ、社会人は学習に時間の余裕がない』

そう考え、時間が無いことを語学が伸びない理由と感じるもいらっしゃるでしょう。

しかし、学習時間が無いと感じるからこそ、『逆にその分だけ集中して勉強しよう』と考えを変えてみてください。

時間がありすぎてだらだら勉強するより、時間の制約がある中の勉強は、質が大幅に上がります。

強引な言い方かもしれませんが、時間がないと感じるからこそ集中できるのです。

まとめ

英語など語学習得に年齢は関係ない?いつからでも習得できる理由と心構えまとめ

先程、記憶力というのは中々衰えないということを申しました。

少なくとも20代、30代、40代、50代くらいまでは、もしかしたら60代でも、勉強のやり方さえ大きく間違えなければ、しっかり言語習得できるのではと考えます。

現に私の周りでも、35歳前後でMBA留学のため英語の勉強をやり直して、
TOEFLで10点未満からスコアメイクを始め、無事に海外MBAを卒業された方や、北京語言大学に留学していた方で、60歳を超えて中国語を始め、HSKという中国語の試験にて、最上級である6級を取得された方などもいらっしゃいます。

そう、数多くの方が『年齢は語学の壁である』という定説を打ち破っているのです。

英語など、第二言語の習得は本人がその気になってモチベーションを高く維持できればいつからでも話せるようにもなるし、やり直すこともできるのです。

『今から英語の勉強を始めても遅いでしょ?』と諦めているあなた、是非考え直してください。

大人になったあなたでも、語学の習得はいつでもやり直せます。

年齢は関係ない!思い立ったが吉日です。

すぐ始めましょう!

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー

最初のコメントをしよう

必須