TOEIC 700点の壁を超えるシンプルな勉強法を公開!【受験者目線】

【受験者目線】TOEIC 700点の壁を超えるシンプルな勉強法を公開!

英語を使って仕事をしたい!と思うTOEIC受験者が、まず狙うべきスコアがTOEIC700点です。

600点でも評価はされますが、英語を日常的に使って仕事をするとなると、やはり700点をクリアしたいところ。

そこでTOEIC700点の壁を超えるための勉強法をお教えします。

『勉強しているのに伸びない』と悩んでいる方は、【成長曲線の仕組み】も御覧ください

TOEIC700点のレベル

TOEIC700点のレベル

TOEIC700点は英検だと準一級に届くレベルです。

TOEIC受験者のうち、TOEIC700点以上を取得出来るのは受験者全体の約15%。

一般的に英語が出来る人、とみなされます。

スピーキング力の高い人ならば、通常ネイティブとの会話に困る事の無い語彙力と文法力があります。

堂々と「英語出来ます!」と言って良いレベルと言えます。

TOEIC700点を取得するための勉強時間

TOEIC700を取得するための勉強時間は約600時間と言われています。

もちろん個人差がありますが、目安となるのが約600時間です。

一日2時間勉強したとして、300日、一年近く…と考えるとやる気がそがれてしまうかもしれませんが、日本人なら誰しも中学・高校で英語を習ってきていますので、そこまでの時間は必要ないと言えます。

また、TOEIC独特の出題スタイルと傾向に慣れるだけでも点数は大幅にアップします。

TOEIC試験日の3ヶ月前から集中して勉強するのがおすすめなので、英語力に自信の無い人は一日5、6時間が必要となる計算になりますが、中学・高校英語を熱心に勉強してきた人ならば一日2、3時間でもTOEIC700は目指せます。

TOEIC700点は就職活動や昇進に有利か

企業が求める最低ラインがTOEIC600点、国際部門が求めるラインがTOEIC700点~730点と言われています。

企業により判断基準は異なりますが、TOEIC700点あれば就職活動や昇進での大きなアピールポイントになる事は間違いありません。

TOEIC700点の壁を超えるために重要なこと

弱点を克服する事が壁を超えるポイントです。

まずは一度TOEICを実際に受けてみて、自分の強み・弱みを知りましょう。

リスニングは得意だけれど穴埋め問題が全く出来なかった、リーディングは時間不足…など、実際に受験してみれば自分のウィークポイントは分かる筈です。

そしてその自分の弱点をなくすため、徹底的に苦手セクションを勉強しましょう。

TOEIC700点越えの全体的ポイントは以下に記しましたので、後は自分の弱みを克服することに徹して下さい。

さすれば必ずスコアアップが望めます。

TOEICのために使用した参考書

TOEICのために使用した参考書

TOEICの参考書は星の数程ありますが、大切なのは「その一冊をひたすら繰り返し学習すること」に尽きます。

あれも良さそう、これも良さそう、あの人がこの参考書が良いって言っていた…と参考書コレクターになってしまってはいけません。

同じものを愚直なまでに繰り返すことが重要です。

特におすすめするのは「TOEICテスト公式問題集」「瞬間英作文トレーニング(シリーズ)」「TOEIC L&R 出る単特急(シリーズ)」ですが、これも全部に手を出すのではなく、とりあえず一冊、地味にひたすら繰り返す事を重ねておすすめします。

各パート別勉強法

リスニング

TOEICリスニングセクションを強化したい場合、耳慣れさせる事と問題の傾向をつかむ事がまず大切です。

英検等と異なり、TOEICは出題方法などイントロセクションから全て英語で行われるため、耳慣れしていない人は出だしからいきなりパニックになってしまいます。

冷静になれば獲得出来る点数も取れなくなってしまのは余りにももったいないですし、最初でつまづくと尾を引いてしまう人も多いでしょう。

最初のリスニング問題は非常に重要です。

テキスト付属CDを用いて出題の流れを掴んでおくことを欠かさないで下さい。

リスニング「写真描写問題」では言葉の言いかえが頻繁に行われます。

carをvehicle、guitarをinstrument、sandwichをrefreshment、mobile phoneをdeviceと言うように、同じ意味の違う単語で言い換えて受験者を混乱させようとしますが、焦らず対応出来ればさほど難しい問題ではありません。

リスニング「応答問題」では一体何を問われているのかに注目して下さい。

つまり、WhatなのかDoなのかWhichなのかIsなのか…など出だしが重要です。

Whatで質問されているのにYesかNoと答えている選択肢はすぐに除外される事が分かれば、分からない単語が出てきても除外するべき答えをすぐに見分ける事が可能です。

リスニング「会話問題」では設問が各3つあります。
会話が始まる前の短い合間を利用して、ざっと設問にだけ先に目を通す事がカギです。

何について聞かれるかが分かっていれば、会話のどのポイントに注意を払えば良いか分かります。

リスニングセクション全体を通じて大切な事があります。

・分からない単語があっても焦らない。
・過ぎた問題を決して振り返らない。

の2点です。
分からない単語があってもTOEICは解けないわけではありません。

体を聞けば一つ二つ分からない単語があっても、何を言おうとしているかは絶対に分かります。

木より森を見て挑めばきっと正解が見えてきます。

AかBか迷ってしまい、次の問題にさしかかっても前の問題の事が気になってしまう…その気持ちはよく分かります。

しかし、TOEIC、特にリスニングセクションにおいては絶対にやってはいけません。

TOEICはメモを取る事も出来ない厳しいルールがあるので、AとBの答えをメモしておいて後で考えよう、という事は不可能です。

AかBか決められなければどちらか一つにチェックをつけて、潔く次の問題を確実に取りに行きましょう。

リーディング

OEIC 700点の壁を超えるリーディング勉強法

リーディングセクションでは「まずは全文を読もうとせずに、先に設問を読む」事を徹底して下さい。

全文を読んでから問題に取り掛かりたくなりますが、TOEICは時間と集中力の勝負です。

全文を読んでいたらとても時間が足らなくなってしまいます。

まず、設問を読む、そしてそれに該当すると思われる箇所を読む、それで分からない場合はその前後を読む。

これらを意識するだけでぐっと時間短縮ができ、「リーディングセクションが時間内に終わらない問題」をなくす事が可能になります。

リーディングセクションでも大切なのも

・分からない単語があっても焦らない。
・過ぎた問題に固執しない。

の2点です。

繰り返しになりますが、分からない単語があってもTOEICは解けます。

リスニングセクション同様に、前後や全体を見る事で答えは見えてきます。

単語一つ一つにこだわって止まってしまう時間はありません。

AかBか…と長く迷っていると、TOEICはすぐに時間切れになってしまいます。

まずは前に進む事が重要です。

全ての問題をやり終えてもし時間が余ったら、マークシート解答をずらして記入してしまうミスだけはしないように、内容に最新の注意を払って再挑戦して下さい。

さっきは出来なかった問題が見返すとあっさり出来るという事もありますので、最後まであきらめず、でも固執しないでまずは先に進む事を優先して下さい。

まとめ

TOEIC 700点の壁を超えるシンプルな勉強法まとめ

以上、TOEIC700点の壁を超える方法をまとめましたが、700点以上を取るためにも、

・自身の強みや弱みを知った上で対策を立てる
・参考書コレクターではなく、1つの参考書をひたすら繰り返し学習する
・リスニングでは問題に対して耳慣れさせ、問題の傾向もつかむ
・リーディングでは、まず全文を読もうとるするのではなく、先に設問を読む

以上の4点を中心に勉強を進めてください。

効率良く勉強し、高得点を収め、貴方の人生が英語で楽しく豊かになるよう、今日からでも早速勉強を始めて貰えれば嬉しいです。

TOEICの学習自体にお悩みの方はこちら

【検証してみた】TOEICの学習って役に立たないの?

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー

最初のコメントをしよう

必須