いわしなど、日本でよく食べる魚は英語で何という?【翻訳家執筆】

【翻訳家執筆】いわしなど、日本でよく食べる魚は英語で何という?

「これって英語で何て言うんだろう?」

こんな風に普段から疑問に持つこと、そして調べてみることは英語学習において非常に重要です。

もしあなたが魚やお寿司が好きなら、自分の好きな魚・ネタだけでも覚えるだけでも十分良い勉強になりますよ。

イワシ(鰯)を英語で

イワシ(鰯)を英語で

魚へんに弱い、と書く鰯。

イワシは英語でsardine.

そう、オイルサーディンで良く耳にするサーディンです!

これは覚えやすいと思います。

イワシはアメリカやイギリスでもオイルサーディン缶詰が売られている所が多いので覚えておきたい魚単語です。

因みに「イワシの煮干し」はdried sardine(乾いたイワシ)ですが、地域により一般的ではないため、現地のスーパーなどでdried sardineを買いたい、と言っても、“What’s the heck!?”(なんじゃそりゃ!?)と返されてしまう可能性があります。

さんま(秋刀魚)を英語で

日本では秋の季語でもあるサンマ。

サンマは英語pacific saury.

太平洋のサンマ科の魚、という意味です。

Sauryでも通じるケースもありますが、「サンマ科の…どれ??」と言われてしまう場合もありますので、pacific sauryの方が良いでしょう。

尚、さんまの塩焼きは、salt-grilled pacific saury.

塩をして、焼いた、サンマ、という意味です。

サバ(鯖)を英語で

サバ(鯖)を英語で

魚へんに青い、でサバ。

サバは英語でmackerel.

でも、アメリカでサバは一般的な食材ではなく、たまに見かけてもそれは青というより黄色です。

国が異なれば食文化が異なり、Aだと思って食べていたものが国が変わるとBだった、なんてことも多々あります。

例えば日本ではかぼちゃは緑色の固い皮に覆われていて、中は黄色でほっくりと甘いですよね。

しかし、アメリカやカナダのカボチャはハロウィンのジャック・オー・ランタンでおなじみのそれで、外側も内側も硬く、黄色で甘みがなく、大量の砂糖を用いてパンプキン・パイに加工されることはあっても煮物にされることはありません。

ちなみにサバの味噌煮を説明する場合は mackerel cooked with(inでも可) misoが妥当です。

余談ですが、その国の食文化にないものを直訳するのは困難で、お寿司が世界中どこにいってもsushiと呼ばれるのはそのためです。

アジ(鯵)を英語で

魚へんに参じる、でアジ。

英語ではhorse mackerel.

ん?馬の…サバ??と思いましたよね。

理由は諸説ありますが、これはイギリスの一種のスラング(俗語)で、「くだらない」「多すぎる」などの意味があります。

イギリスではサバは一般的に食されている魚ですが、アジは沢山捕れるけれど美味しくない、と認識されているらしいことからついたそうです。

タイ(鯛)を英語で

魚へんに周り、と書いてタイ。

タイは英語でsea bream.

Red sea breamとも呼ばれます。

日本ではタイは魚の王様ですが、海外での扱いはそうでもありません。

タイの煮物を英訳する時、boild fishだと水を沸かした鍋の中にタイを放り込んだみたいに聞こえてしまいます。

Stewed sea bream やsteamed sea breamと表現すると良いでしょう。

英語圏に「鯛の煮つけ」という料理は存在しないため、訳すと大体の調理法を言い表すことになります。

たら(鱈)を英語で

たら(鱈)を英語で

魚へんに雪、でタラ。

英語ではcodと言います。

これは短くて発音も簡単なので覚えやすいですね。

タラはアメリカやカナダでも一般的な魚のひとつで、北欧でも頻繁にスープ料理などに用いられます。

たらこはcod roeと言います。

roeは魚卵のこと。

イクラならsalmon roeなので覚えやすいですね。

まぐろ(鮪)を英語で

魚へんに有る、でマグロ。

マグロは英語でTuna.

これは簡単な上、耳にすることも多いので覚えておきましょう。

まぐろの缶詰はcanned tuna(缶詰に入ったマグロ、そう、シー〇キンですね)です。

これもとっても覚えやすいですよね!

カンパチを英語で

カンパチはgreater amberjack もしくはRuderfish. 

一般的にブリ科を総して、amberjackと言います。

凄いブリ、と覚えると良いかもしれません。

ハマチを英語で

ブリの子供、小ぶりなブリをハマチと言います。

ブリがamberjackなので、ハマチはsmall amberjackとなります。

地方によってはyoung/small yellow tail(小さな黄色の尾の魚)とも呼びます。

日本国内でも関西と関東では物の呼び名が大きく違うことがありますが、これと同じ現象です。

カンパチ、ハマチ、ブリ、をまとめて覚えられそうですね。

ぶり(鰤)を英語で

復習になりますね、ページをスクロールしないで、上部を見ないで答えてみましょう。

ブリは英語で…amberjack.

ヒラマサを英語で

ヒラマサはアジ科の魚です。

ヒラマサはyellow tail amberjack.

スズキ(鱸)を英語で

スズキは英語でJapanese sea perchもしくはJapanese sea bass.

なんとかパーチって聞き覚えがあるな…って人もみえるのではないでしょうか。

大ヒットゲーム、どう〇つの森で良く釣れる魚、イエローパーチ。

イエローパーチは日本では見かけない魚ですが、同じスズキ科…では残念ながらありませんが、スズキ目という、スズキの亜種魚です。

わざわざ頭にJapanese…とついているので、日本でしか捕れない、もしくはほぼ日本でしか食べない、英語圏ではマイナーな魚であることが単語から伝わってきます。

ひらめ(鮃)を英語で

魚へんに平、平たい魚と言えばヒラメとカレイ。

左ヒラメに右カレイ、と日本では言いますが、英語ではどちらもflat fishでOKです。

カツオ(鰹)を英語で

魚へんに堅いと書いてカツオ。

これは鰹節が語源ですが、英語ではbonito.

Skipjackとも言いますが、「飛び跳ねる奴」という名の通り海面上を飛び跳ねる魚の総称なので、bonitoの方がより具体的です。

鰹節はdried bonito flake(乾燥させたカツオのフレーク)と言います。

因みにカツオと相性抜群のポン酢はsoy sauce with citrus juice(醤油に柑橘の汁を加えたもの)と表現します。

タチウオ(太刀魚)を英語で

太刀魚はsplinter fishもしくはscabbard fish.

これらはどちらも武器を示しています。

メカジキがswordfish(剣の魚)と言うのに似ています。

ほっけを英語で

ホッケはAtka mackerel.

マカレル…聞き覚えが…そう、スクロールしないで思い返してみて下さい。

そう、サバのことです!覚えていた人はとても優秀ですね。

忘れてしまっていた人も復習すれば大丈夫!

Atkaというのはアメリカ領の島の名前です。

アトカで捕れるサバ、だからAtka mackerel.

「青い魚と書いて鯖」と言うのと変わらないのがよく分かりますね。

まとめ

いわしなど、日本でよく食べる魚は英語で何というかまとめ

ここにある全ての魚単語を覚える必要はありません。

あなたが好きな魚、興味のある魚だけ覚えれば十分です。

あなたが魚研究科を目指すならば、「コハダの正式名称はコノシロ、関西方面ではツナシとも呼ばれ、英語ではspotted shad…」と多くを把握する必要がありますが、

日常で魚について熱く語る必要がある人以外は特に覚える必要はありません。

覚えておいて欲しいのは、日本語でも英語でも、国や地域により、物の呼び名は変わるということ。

また、国が違えば文化が違い、文化が違うと、直訳しただけでは全く通じないことも多々あること。

こんにゃくを和英辞書で引くとdevil’s tongue(悪魔の舌)とありますが、実際「悪魔の舌食べてみて!!」と言われたらネイティブはギョっとしますよ 笑

大事なのは、あなたが英語で「魚は何が好き?」と聞かれた時に”I like bonito!” と迷わず答えられること、そして

“How about you?”と聞き返し、僕は〇〇が好きだなぁ、と返された時、〇〇が分からなければ、”What kind of fish is that?  How does it taste?”(それってどんな魚?どんな味?)などと繋げる努力をすること。

それと、「〇〇は××科の淡水魚で△△地帯に生息し…」なんて返してくる人はまずいないでしょう。

”Haven’t you eaten … before?  Why don’t we go and try?  There is a nice seafood restaurant near by.”(〇〇食べたことないの?一緒に食べに行ってみる?近くに美味しいシーフードレストランがあるよ)と会話が続く英語が話せるようになるように、まずは、あなたの好きな魚をひとつ覚える所から始めてみましょう。

語学を楽しんで勉強したい方はこちら

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー

最初のコメントをしよう

必須