中国語・ピンインの覚え方のコツを伝授【留学経験者は語る】

【留学経験者は語る】中国語・ピンインの覚え方のコツを伝授

中国語を勉強しているけど、ピンインが中々覚えられない
ピンインさえできれば中国語は簡単だ

など中国語をある程度勉強すれば誰もが思うことかもしれません。

※広義には中国語というと北京語や広東語をはじめ、様々な民族などが使う、特有の言語や地方方言なども指しますが、ここでは中国語=普通話とします。

当記事では、ピンインの習得をクリアしたい方に向けて、どのようにすれば苦労することなく覚えることができるか、コツを伝授したいと思います。

ピンインの概要

ピンインの概要

初心者の方もいらっしゃると思いますので、まずは簡単にピンインの概要を解説します。

中国語(普通話)には、漢字1つ1つにローマ字で読み方が付けられています。

その読み方とはピンイン(拼音)と呼ばれるもので、日本語でいうところの「フリガナ」に当たりますが外国人にとって、このピンインは中国語学習に非常に助けになる表記です。

このピンインを覚えてこそ中国語の発話ができ、相手の中国語が聞き取れ会話ができるようになっていくというものなので、ピンインは中国語学習への入口と言えるでしょう。

ピンインには例えば「la」や「sa」のように、日本人には発話するにも聞き取るにも容易なものがあります。

「La」→「ラァ」、「Sa」→「サァ」と発話して問題なく通じることがほとんどです。

しかし「you」→「ユー」、「wo」→「ヲ」のように、「英単語の読み」や「日本語のローマ字読み」で発話しても全く通じないものもあれば、「chi」や「zhi」のように日本語には無い舌の使い方で発話しなければならないものもあります。

また同じピンイン表記でも発話の際に「上げて読む」「下げて読む」など抑揚をつけることで「意味が変わる」「漢字が異なる」のが中国語の大きな特徴です。

その抑揚は「声調」と呼ばれるもので「1声」「2声」「3声」「4声」とあります。

「1声」は真横に、「2声」は上がり調子で、「3声」は抑え込む感じ「4声」は下がり調子で発話します。

例えば「xi」というピンインなら1声読みから4声読みの順に「西」「席」「喜」「細」とあり「da」のピンインも「搭」「達」「打」「大」とありピンインは同じでも声調により漢字も意味も異なります。

ピンインを覚えるには、この「声調」という抑揚も覚えることが必要になりますが、この声調が単語を覚える際に手助けになり、暗記を早める効果もあります

ピンインの暗記方法

ピンインの暗記方法

ピンイン独自のローマ字表記を1つ1つ覚えることが必要になるのですが、「日本語のローマ字読み」をしてしまうとピンイン学習の妨げに繋がります。

そこで、「ピンインではこのローマ字表記は この発音なんだ」という認識で、「日本語のローマ字読み」を忘れて覚えていくことをお勧めします。

ピンインを暗記するには、ピンインのローマ字表記を見ながら、音声素材などでその発音を聞くことで、音と文字を一致して覚えるのと同時に、発話することもお勧めします。

理由としてはインプットからのアウトプットとなり、身に付く効果が高まるのと、「発話した」のが「音」として自身の頭に残るので、黙々と学習するより短時間で学習効果が見込めます。

中国語入力に声調が役に立つ

中国語入力に声調が役に立つ

単語を覚えていく段階になりますと、ピンインに声調が付いているので、最初は覚えるのは大変かもしれません。

しかし声調があるからこそ便利でありまた、覚えやすい面もあります。

例えば、「xi」のピンインは「系、西、係、喜、洗、席、細、息、希、習、吸、惜、稀、析、夕、潟、昔・・・」とあり、声調が無かったらどの漢字なのか認識が大変です。

ですが「xi」の「四声」なら、上述の中からなら「系、係、細」のみになります。

パソコンやスマートフォンで中国語をピンイン入力で書く場合、「xi」とだけ入力して文字変換キーを押すと「xi」に該当する漢字が候補としてたくさん表示されます。

しかし「xi」の後に数字の「4」入力しますと、「xi」ピンインの「四声」の漢字のみが候補として表示されます。

このように「声調」があるからこそ分類され分かり易さに繋がります。

また、ピンインと声調をペンでノートなどに書いて覚えるやり方もあります。

例えば「一声」であれば真横に発話しますが、「ba」のピンインの場合「bā」と書けば視覚的に発話のイメージができます。

その他、「ba 1」のように数字を書いて覚える方法は、後々ピンイン入力で中国語を書く際に役に立つと言えるでしょう。

また声調に合わせて頭を動かしながら発話するのも覚えるのに役立ちます。

例えば「ba」の一声なら「→」、二声なら「↗」、三声なら「∨」、四声なら「↘」のように、人前でやるには恥ずかしいものの、1人で暗記する際、試してみてください。

慣れてきますと、体で声調を覚える形になるので、声調が定着するようになってくることもあります。

ピンインを覚えるために使えるアプリ

ピンインを覚えるために使えるアプリ

中国語を覚えるアプリに「HelloChinese」というのがあります。

URL:http://www.hellochinese.cc/ja/

アプリURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hellochinese&hl=ja

ピンインのレッスンもありますしネイティブの発音も聞くことができます。

ピンインと漢字を表記できる設定などもあり、基礎段階の学習者にも使いやすい人気のアプリです。

通常の学習と合わせ、このようなアプリを利用するのも良いでしょう。

ピンインを楽しく勉強する方法

ピンインを楽しく勉強する方法

中国語の漫画で勉強しよう

今や、オークションサイトなどでは中国語版の漫画が出品されています。

自分の好きな興味ある漫画で中国語・ピンイン学習はいかがでしょうか。

漫画にあるセリフの漢字に、ピンインと声調を書き込んでいく作業は、教科書に書くのと違って、楽しさを感じながらになります。

また何より、絵と中国語が同時に視覚的に入るので、とても覚えやすいでしょう。

しかし、全てのセリフのピンインを書く、全ての意味を理解しようとすると、漫画の進行が遅くなり面倒になってしまいます。

そこで知りたいセリフや場面だけでも、ピンインを書く形でいいと思います。

「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」などの漫画は、使用頻度の高い日常表現がたくさん出て来ますので、最初は子供向けの漫画を使ってみると良いかもしれません。

メルカリなどでも販売しているので、日本でも購入ができます。

余談ですが、「ドラえもん」の道具の漢字は面白いですよ。

また漫画には、「ガタン(閉まる音)」や「ザー(雨音)」のような 「擬音語」や「擬声語」があり、その漢字を見ると楽しいものがあります。

中国語の歌で中国語・ピンイン学習する

「中国語ができないのに歌える?」と思うかもしれませんが、歌う時には曲のリズムで発話するため、「声調」はそこまで必要なく、ピンインだけを曲のリズムで発話すれば「中国語の歌が上手」となります。

サザンオールスターズ「真夏の果実」→「每天愛你多一些」や、長渕剛「乾杯」→「跟往事干杯」など、中国語でカバーされた日本の曲は多いです。

好きな曲を中国語で覚えてカラオケで皆に披露すれば、学習モチベーションも上がることでしょう。

「中国語カバー曲」や、『(曲名) 中国語』とGoogleで検索するとあなたのなじみの曲が色々と見つかるでしょう。

まとめ

中国語・ピンインの覚え方のコツを伝授まとめ

中国語は難しい
声調の習得が学習の壁になる

などという声を聞きますし、実際に声調が難しくて挫折したという方も周囲にいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし難しいからこそ、出来た時の喜びや達成感があるのは物事全てに共通しています。

また漫画学習で「1つセリフを中国語で覚えた」「1曲、中国語で歌えるようになった」など、楽しさと喜びを持ちながら学習すると難しさも払拭できます。

そして次の学習に繋がって中国語への意欲を高めるでしょう。

語学は辛く学習するのではありません。

まずは楽しく学習することを心がけ、中国語学習の壁を乗り越えてください。

初心者向けの勉強法全般を知りたい方はこちら

【初心者必見】中国語のおすすめ勉強法〜効果的な学習をしよう〜

最初のコメントをしよう

必須