偶然を英語で何ていう?【実務者監修】

【実務者監修】偶然を英語で何ていう?

「偶然」「たまたま」を表す英語の表現は、状況やニュアンスによって様々です。

どんな表現があるのか、シーンごとに例文と一緒にご紹介していきます。

すごい偶然を英語でいうと

可能性がとても低いことが起きて、びっくりしたときには、”coincidence”(偶然)と、”such”を使って、以下のように表現できます。

例)It is such a coincidence that we have the same birthday! : 私たちの誕生日が同じなんて、すごい偶然だね!

偶然見つけたを英語でいうと

「偶然〜した」と言いたいときには、通常の過去系の文章の文末に、By chanceをつけましょう。

また、偶然起こったことが良いことだったとき、ラッキーだったときにはBy luckを使うこともできます。

「偶然見つけた」は、以下のように言うことができます。

I found 〜 by chance.
I found 〜 by luck.

例)I found a nice cafe by luck last week. : 先週、素敵なカフェを偶然見つけました。

偶然の一致を英語でいうと

他の人との持ち物がたまたま同じだったときなど、「偶然の一致だね!」と言いたいときはどのような文になるでしょうか。

“coincidence”や”coincidental”の一単語だけで、「偶然の一致」という意味もあるので、以下のように言うことができます。

It is coincidental that 〜(文)

例)It was coincidental that she arrived when he did. : 彼が到着したと同時に彼女も着いたのは、偶然の一致だった。

あえて、「一致」と言いたい場合、Coincidental matchと言うこともできますが、あまり一般的ではないようです。

偶然の出来事を英語でいうと

「偶然の出来事」という表現でよく使われるのは、’accident’や’unexpected event’です。

例)It was only by an unexpected event that I saw her yesterday:昨日、私が彼女に会ったのは、ほの偶然の出来事だった。

偶然会えて嬉しかったを英語でいうと

「偶然会う」「ばったり会う」は「run into 〜(人)」と言います。

「〜(人)に偶然会えて嬉しかった!」は、以下のようになります。

I was happy to run into 〜(人)

例)I was happy to run into you yesterday! : 昨日、偶然会えて嬉しかった!

なんて偶然でしょう!を英語でいうと

なんて偶然でしょう!を英語でいうと

起こった偶然に対して、「びっくりした!」「なんて偶然なんだ!」という驚きを表現したい時には、What a coincidence! と言うことができます。

偶然が重なったを英語でいうと

偶然の出来事が次々と、もしくは同時に起こった場合、以下のような表現が使えます。

set (a series) of coincidences:偶然の連続

例)Due to unexpected set of coincidences, our project was a success.:予想もしない偶然が重なった結果、私たちのプロジェクトは成功に終わった。

偶然とたまたまを英語で使い分けると

確率が低いことが起きたときの「偶然」と、“ちょうどその時に起きた”という意味の「たまたま」。

この微妙な違いを使い分けてみましょう。

「偶然」を表したいときには、”by coincidence””by chance”が使われます。

「たまたま」と言いたいときには、”happen to 〜”がよく使われています。

「私は昨日、東京でJaneに会った」という文で、意味合いの違いを比べてみましょう。

例)I saw Jane in Tokyo yesterday by coincidence.

こちらは例えば、「私」とJaneは遠いところに住んでいてめったに会わないのに、二人とも同じ日に東京にいてばったり会った、という「偶然」です。

I happened to see Jane in Tokyo yesterday.

こちらは、二人とも東京には普段からよく出かけていて、特に約束はしていなかったけれど、ばったり出会った、という「たまたま」の表現になります。

まぐれを英語でいうと

運良く、物事がうまくいったときや、謙遜するときに言う「まぐれでうまくいったよ!」という表現です。“lucky”や”luck”を使って、「運がよかった」という言い方で表現します。

また、”fluke”=「ビリヤードで、偶然上手くいったショット」という単語を使って、”lucky fluke”という表現も使われます。

例)It was just luck.
That was just a lucky fluke. 

奇遇にもを英語でいうと

奇遇にもを英語でいうと

奇遇は、「知っている人に、思いがけずばったり会うこと」です。

人とばったり出会ったときにはrun into 〜(人)物・場所にばったり出くわした場合には、come across 〜(物・場所)が使えます。

また、ばったり出会った人に「奇遇だね!」と言いたい時には、What a coincidence!、What are the chances!がぴったりです。

遭遇するを英語でいうと
「遭遇する」というニュアンスの表現は、”encounter”を使いましょう。”run into 〜”や”come across 〜”よりも、「敵」や「困難」などに出会う、という意味合いが強くなります。

例)The explorers encountered many hardships.:探検家たちは多くの困難に遭遇した。

出くわすを英語でいうと

「〜と鉢合わせする」という言い方には”bump into 〜”というものもあります。

元々の意味は「無意識にぶつかること」「車で衝突すること」です。

前出の”run into 〜”や”come across 〜”も、もちろん使えます。

例)I heard you bumped into Jack in Tokyo.:東京でJackにばったり会ったらしいね。

まとめ

偶然を英語で何ていうかまとめ

英語にも偶然や、たまたまの表現がいろいろありましたね。

日常会話や仕事でもよく出てくる言い回しですので、ぜひ覚えて使ってみて下さい。

語学を楽しんで勉強したい方はこちら

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー

 

最初のコメントをしよう

必須