初めてのホームステイで使えるかんたん英語・英会話フレーズ集【初心者必見】

【初心者必見】初めてのホームステイで使えるかんたん英語・英会話フレーズ集

初めてのホームステイ留学は不安がいっぱい!

英会話に自信が無い人ならなおさらです。

英会話初心者さんでも使いやすい、とにかく短くてかんたん、覚えやすいフレーズを頻出シチュエーションと共にご紹介します。

初めてのホームステイ英会話[はじめまして編]

初めてのホームステイ英会話[はじめまして編]

何事も最初が肝心です!

英会話に自信がなくても、笑顔は万国共通です。

初めてホームステイ先の家族に会う時は、元気よく、大きな声で挨拶をしましょう。

発音が多少悪くても、英語は口を大きく開けて話すだけで、ぐっと通じて易くなりますよ!

“Hi.” ハァイ / “Hello!” ヘロゥ

こんにちは!

“I’m ___________. アイム____

(下の名前)です”

“Nice to meet you. ナイストゥミィートゥ / Pleased meet you.” プリーズドミィートゥ 

お会いできて嬉しいです/よろしくお願いします。

“Thank you for accepting me.” センキュゥフォー アクセプティンミィー

(今回ホームステイを)受け入れてくれてありがとうございます。

“I’m not good at English, but I’ll do my best.”

アイムノットグッドアトイングリッシュ, バットアイルドゥマイベスト

英語は得意じゃないけれど、精一杯頑張ります

ホストマザー“Oh, How sweet you are!  We were looking forward to meeting you, too.  Here, let me help your luggage.  Our car is parked just around the corner.”

まあ、なんていい子なのかしら。あなたに会えるのを私達も楽しみにしていたのよ。さ、荷物運ぶの手伝うわね。車はすぐそこの角に停めてあるから。

“Thank you.” センキュゥ

ありがとう。

「そんなにいっぺんに言えるわけがないよ…」という方も大丈夫!

英語圏では日本みたく「お忙しい所ご足労をおかけして…」なんてへりくだったり、「天候にも恵まれ…」「ご迷惑をおかけするかもしれませんが…」など余計な気遣いの言葉は不要です。

寧ろ下手に丁寧に言おうとすると嫌味にしか聞こえなくなるので、英会話初心者は言わない方が良いです。

太字にしたところだけで十分、合格です!

初めてのホームステイ英会話[日常生活編]

初めてのホームステイ英会話[日常生活編]

初めてのホームステイ、ホストファミリーに挨拶し、お家に案内され、その日は時差ぼけもあったので早々に眠りにつきました。

さあ、朝から英語漬けの一日の始まりです!

おはようからおやすみまでの日常英会話フレーズ

起きてすぐの英会話フレーズ

朝少し早く目覚めたあなたは、顔を洗って身支度を整えてからリビングへと向かいました。

お休みなので、ラフなルームガウン姿のホストマザーがコーヒーを淹れています。

“Good morning,___________” グッモーニン

(ホストマザーの名前が分かる場合は名前を、もしくはmomと)

“Oh, good morning, _____(あなたの下の名前)You’re early.  Did you sleep well?”

おはよう、____。早起きなのね、良く眠れた?

“Did you sleep well?” ディジュースリープウェル?

は必ずと言って良いほどよく聞かれるフレーズです。

これはホテルなどでも聞かれることもあるでしょう。

体調は大丈夫?寝具があわないとか問題はない?とあなたの体調を気遣ってくれているので

Yes.  Thank you. イエス、センキュウ と返しましょう

聞きとれなかった時はすかさず、

“Excuse me?/Pardon?” エクスキューズミィ?/パードゥン?

え、何ですか?

と聞き返せば、繰り返して貰えます。

ありがとう、と答えたあなたに、ホストマザーが尋ねます。

“Would you like some coffee?”

はい、何と聞かれたかわからなかったら…そう、”Excuse me? もしくは “Pardon?” でしたね。

“Coffee?” とマグカップを手に繰り返すホストマザー。

コーヒーが欲しければ”Yes, please.” イエスプリーズ

要らなければ、Thanks, but no thanks. サンクス バッノーサンクス(ノーサンキューで習うことが多いですが、「要らないよ!」みたく聞こえがちなので先にサンクスをつけましょう

コーヒーが苦手ならば”Thanks, but I can’t drink coffee.” サンクス バライキャントドリンクカフィーと言えるとより良いですね。

“Oh, I see.  How about tea?  I have some milk and orange juice, too.”

あらそうなのね。じゃあ紅茶はどう? 牛乳とオレンジジュースもあるわよ。

紅茶が良ければ”Tea, please.” ティープリーズ

お水が欲しければ”Can I have water?” キャナイハバウォーター? とCan I~を使って聞いてみましょう(a glass of waterと言わなくても通じます。ウォーターの”タ”は弱く発音するのがコツです)

しばらくすると、ホストファーザーもやってきて、あなたに同じ質問をします。

“Good morning.  Did you sleep well?”

さあ、なんて答えますか?

…そう、”Yes, thank you.”でしたね!

朝食時の英会話フレーズ

朝食時の英会話フレーズ

ホストファーザー(以下HFと記載)”I’m starving.  What are we gonna have for breakfast?”

腹ペコだよ。朝食は何だい?

ホストマザー(以下HMと記載)”I shall make your favorite, blueberry pancakes.  I hope you like it, too.  Do you like pancakes?”

あなたの大好きなブルーベリーパンケーキを作るわ。あなたも好きだと良いのだけれど、パンケーキは好き?

はい、いきなり話をふられたあなたは何と言われたか分かりませんでした。

ここでとっさに返すべき言葉は…そう、”Excuse me?” / ”Pardon?” エクスキューズミィ?/パードゥン?ですね!

好きなら”Yes.” 嫌いなら”No.”

Yes, I doやNo, I don’t.がとっさに出てくる人は良いのですが、出てこないうちはイエス・ノーだけ言えればまず合格です。

平日はシリアルやトーストのみ、とかなり簡素な朝ごはんが多い英語圏ですが、お休みの日はパンケーキやオムレツを焼いたり、とちょっとだけ豪華になる家庭が多いです。

英語では日本語の「いただきます」的な言葉はありません。

その代わり、お食事を提供されたら、逐一”Thank you”と言いましょう。

そのお家が信仰している宗教によっては、食事の前のお祈りが必要な場合もありますので、必ず誰かが食べ始めてから食べるのがマナーです。

パンケーキを食べている最中、もう少しシロップが欲しいな、と感じたあなた。

Can I have some more syrup?がさっと出てくれば苦労はしませんよね。

簡単に、でも確実に、そして失礼なく使える言葉、”please”を使って言ってみましょう。

“Syrup, please.” シロッププリーズそう、これだけでOKです!

シロップをsalt塩、pepperコショウ、ketchupケチャップ、mayoマヨネーズ、tea紅茶、coffeeコーヒー、water水、といくらでも置き換えるだけで何でも使えます。

シロップを貰った後はThank you.Thanksを忘れずに。

朝食を食べ終えて、ああ美味しかった、ご馳走様、と言いたいけれど、言えない!と気づきます。

いただきます、同様にご馳走様、も英語にはありません。

代わりに使われるのが”It was so good. Thanks” “Everything was

perfect. I really loved it”などがあります。

「美味しかったよ、ありがとう」と言いたいわけですから、これも、“Thank you”の一言で伝わります。

下手に“good“とだけ言おうものならば、「悪かないね」なんて聞こえてしまうこともあるので、避けたいところです。

お手伝い時の英会話フレーズ

遅めの朝食を終えて、後片付けを始めるホストマザー。

何か手伝った方がいいよね…でもなんて言ったら良いのか分からない…。

はい、ここでも前に出てきたフレーズが使用できます。

許可を求めるフレーズです。

そう、”Can I~”です。

“Can I help you?” キャナイヘルプユーでお手伝いできますか?になります。

HM:“What a nice of you.  Then. Would you wipe the dishes?”

優しいのね。じゃあ、お皿を拭いてくれる?

各家庭によりルールがあるので、例え好意からでも勝手に手を出すのは良くありません。

“Can I help you something?” “Is there anything I can do for you?” など尋ね方はいろいろありますが、”Can I help you?”で十分です。

まずは聞いてみて、ホストファミリーの意向にあわせましょう。

ホストファミリーと一緒に外出時の英会話フレーズ

ホストファミリーと一緒に外出時の英会話フレーズ

HM:”Thanks for your help.  I and your host father, John are going to Sunday market today.  Would you like to come with us?”

お手伝いありがとうね。私とホストファーザーのジョンは今日は日曜市に行くのだけれど、あなたも一緒にどう?

手伝いのお礼を言われたのは分かったけれど、その後はさっぱり…はい、すかさず…。

“Excuse me? / Pardon?” でしたね。

何度か聞きなおすと、多分「市場に、一緒に行く?」と聞かれているのが分かったあなた。

ホストファミリーが誘ってくれたらなるべく積極的に行動を共にしましょう。

HM:” Great. I shall do my make up and get ready.  Give me a half hour.”

良かった。じゃあお化粧とか準備してくるわね。30分程待っててね。

暫くすると身支度を整えた二人がやってきました。

HF: “Hey.  We’re ready now.  Are you ready to go?”

やあ、こっちは準備できたよ。もう行けるかい?

Yes.と答えるとホストファーザーが続けます。

HF:”It will take almost an hour to get there.  You’d better go to bathroom before we get in to the car.”

向こうにつくのに一時間近くかかるから、車に乗る前にトイレにいっておいた方がいいよ。

なんとなく、時間がかかるよ、と言われているのは分かったあなた。

でも、なんでバス…お風呂の話なんてするんだろう?と首を傾げます。

“Bath…why, bath?”

なんで…お風呂??

不思議そうな顔をするあなたにホストファーザーも不思議そうな顔で首を傾げます。

それを見て気転の利くホストマザーがrestroomよ、washroomと言い換えてくれました。

家庭用トイレのことは一般的にBathroomバスルームと言います。

Restroomレストルームは学校やショッピングモールなど公共の場のトイレで用いられますのでこの二つは是非覚えておきましょう。

因みにToiletは便器自体のことを指すので余り使用しません。

WashroomウォッシュルームやLady’s roomレディースルーム、Men’s roomメンズルームとも言い、飛行機内のトレイはLavatoryラバトリーと、なんと全部で11種類も言い方があります(!)がそこまで覚える必要はありません。

ホストファミリーの車に乗って着いた市場は思っていたよりずっと大きくて開放的な青空市場でした。

見なれない食材や品物が沢山売られていて、あなたも時間を忘れてホストファミリーと買い物を楽しみました。

夕食時の英会話フレーズ

ホストファミリーと夕食時の英会話フレーズ

買い物が終わり、帰宅してすぐにホストマザーは早い夕食づくりにとりかかりました。

朝食が遅かったこともあり、市場で買った果物をひとつ貰ったきり、お昼ご飯を食べていなかったのであなたはお腹がペコペコです。

HF:“Poor boy/girl, you must be very hungry.  I am, too.”

可哀そうに、お腹が空いてるだろう、わたしもだよ。

ホストファーザーが自分のお腹を撫ぜながら言ったので、お腹が空いただろう?と言われたのだと理解できたあなたは”Yes”と答えます。

HM:Supper is ready!(dinnerは豪華な食事のことを指すことが多く、一般的に家庭での夕食は”supper”サパーと言います)

夕飯出来たわよー!

待ってました、さあ行こう、とあなたを促し夕食の席に着くホストファーザー。

お腹が空いていたあなたは思わずがっついてしまい、あっと言う間にお皿はカラに。

でもお鍋にはまだ沢山メインディッシュがあるようです。

もっと欲しいな…という時のために覚えておきたいフレーズも、既に数回出てきた許可を求める”Can I~“で伝わります。

“Can I have some more?” キャナイハブサムモァ?

もう少し貰えますか?

HM:”Oh, sure.  Here, as much as you want.”

あら、もちろんよ。はい、お好きなだけどうぞ。

HF:”Here, you need more potatoes with gravy, too.”

さあ、グレービーポテトももっと食べたら良いよ。

沢山食べてお腹いっぱいになったあなた。

HF:”Do you want more?”

もっと食べるかい?

と聞かれたら…覚えていますか?

単にNo.やNo, thanks.ではなく…そう、Thanks, but no thanks.でしたね。

ここに「お腹いっぱい」を意味する”I’m full.” アイムフル(ルは弱く発音)をつければ完璧です。

夕食後はホストファミリーと一緒にのんびりTVを観て過ごし、夜も更けてきました。

シャワータイム時の英会話フレーズ

ホームステイにおけるシャワータイム時の英会話フレーズ

HM: ” It’s getting late.  Would you like to take a shower before you sleep?”

遅くなってきたわね。眠くなる前にシャワーを浴びる?

日本以外の国で毎日たっぷりのお湯に浸かる習慣のある家庭は少ないです。

シャワーも15分程度が目安。

各家庭にもより違うのでバスルーム付きの自室を与えられ「自由に好きだけ使っていいよ」と言われない限りは、バスタブに湯をためていいか必ず聞きましょう。

この場合も”Can I run a bathtub?” キャナイランアバスタブ?とCan Iが使えます(ランはLではなくRなので舌は口内どこにもつけずに発音しますが、Rが上手く発音できなくてもバスタブを強調すれば通じます

バスタブに浸かる・浸からないに関係なく、お風呂に入っても良い・シャワーを浴びても良いですか?と了解を取りたい場合はCan I take a bath?キャナイテイクアバス?

Can I take a shower?でも、もちろんOKです。

シャワーを浴びてさっぱりしたあなたに寝室へ向かうホストマザーとホストフォーザーが声をかけます。

おやすみ時の英会話フレーズ

HF: Tomorrow is your first day of school.  Sleep tight.

明日は学校初日だね、良く寝るんだよ。

HM: I’ll wake you up at 7.  Sleep well!

明日は7時に起こすわね。おやすみなさい。

さあ、ベットに向かう前に、親切な二人になんと声をかけますか?

Thank you, good night. センキューグッナイ

はい、これで十分です。

明日に備えて、“Sweet dreams!”(これもまた、おやすみ、良い夢をね、という定番フレーズです)

まとめ

ホームステイで使えるかんたん英語・英会話フレーズまとめ

ムリに難しい英会話表現を使おうとしなくても、英語での意思疎通は可能です。

中学英語をマスターしていれば日常の会話は十分こなせます。

まだマスターしていなくても、慣れれば相手が何を言おうとしているかは理解可能です。

相手の言動に対して、自分の意志表示を明確に言葉にするのは少し難しいですが、短期留学体験、ホストファミリー体験ならば

Yes.

No.

Thanks, but no thanks.

Yes, please.

Excuse me?

Can I.(May I~の方が丁寧、という人もいますが、いささか古い言い方のため、現在一般的なのはCan I~です。状況によってMay I~も使うシーンはありますが、それは中級者以上になってからにしましょう)

最低たったこれだけでもなんとかなるので、「ホームステイに行くのだから喋れるようにならなきゃ!」とがちがちに身構える必要はありません。

日本では何度も同じ質問をしたり、理由を尋ねることを良しとしない風習があります。

しかし、英語圏では逆に「分からなかったならなぜ聞かなかったの?」となります。

分からないこと=恥、という概念が英語圏の人にはあまりありません。

ホストファミリーはあなたが英会話初心者であることを重々承知しています。

喋れないこと=恥ずかしいことでは全くありません!

喋ろうとしない、理解しようとしない、コミュニケーションをとろうと努力しないことこそが恥となります。

片言でもいい、発音を間違えてもいい、変なことを言ってしまったり、発音が違って通じなくても焦らなくて良いのです。

ホストファミリーは何度でも根気よくあなたと対話してくれるはずです。

しかし、言葉の壁があり、片言しか話せない人の世話をするのは大変なことです。

あなたのまだ拙い英会話を懸命に理解しようとする、ホストファミリーへ精一杯感謝をこめて言いましょう、”Thank you!”と。

トラブル時に見る英会話フレーズ集はこちら

【トラブル時に必見】ホームステイ、寮、学校などでの英語・英会話フレーズ集【留学初心者向け】

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー

最初のコメントをしよう

必須


Warning: imagecreatefromstring(): Empty string or invalid image in /home/bijinabi/gogakustudy.com/public_html/wp-content/themes/shaper/functions.php on line 296