中国最高峰の北京大学へ語学留学しよう【体験談】

中国最高峰の北京大学へ語学留学しよう【体験談】

中国語を勉強するなら名門大学へ

そう思い北京大学への語学留学を検討されている方もいらっしゃるでしょう。

当記事では北京大学に留学していた体験談をベースに、北京大学への語学留学を徹底解説します。

北京大学の概要

場所は北京市の中心街から北西にある、北京市海淀区にあり、1898年に設立された、中国屈指の名門大学です。

大学の向かいには、北京大学と双璧をなす清華大学があり、両校での交流も活発です。

その他、海淀区は両校以外にも北京語言大学など複数の大学が存在するため、学生の街となっていて留学生が住んで勉強するには良好な環境です。

キャンパス環境

北京大学近くの圓明園

中国の土地の広大さとあわせ、中国屈指の大学ということもあり、キャンパスは日本では考えられないほど広大です。

そしてキャンパス内に未明湖という湖を有し、湖付近を中心に、中国古代風の庭園が広がります。

また、キャンパス付近には清朝時代の離宮で知られる円明園、世界文化遺産である頤和園という庭園があり、中華の雰囲気が漂う落ち着いた場所です。

北京大学の難易度

中国では毎年、900万人程度の高校生が大学受験を行います。

北京大学の合格者は、この900万人のトップ0.1%くらいとなり、いかに優秀かが理解できるでしょう。

また、世界大学ランキングでもTOP30くらいにはランクインします。

QS World University Ranking URL:
https://www.topuniversities.com/qs-world-university-rankings

北京大学と日本の繋がり

北京大学には日本会があり、日本にゆかりのある華僑の方、日本人の大学生と大学院生、そして社会人学生の方が参加することができます。

定期的に様々な交流イベントを行っているので、興味のある方は参加するとよいでしょう。

北京大学の留学生寮について

空いていれば留学生寮に入れてくれますが、夏など留学生が多く訪れる際は、寮も早めに押さえないと満杯となるので要注意です。

寮の値段ですが、1人部屋で4000元前後(67,000~70,000円)となり、2~3人部屋になると半分の35,000~45,000円前後でしょう。

しかし、寮費はその年によって変わりますので、事前に留学エージェントや大学を通じて調べておきましょう。

それと最終的に、寮が満杯で入れないと北京大学側から申し出があっても、何かしらの理由で留学してから寮が空きになっていることもあります。

この場合、大学に着いてから各寮に直接交渉することで入寮が可能です。(ただ、これは最終手段ですので、過度に期待はしないでください。)

北京大学の学外に住む

学外にはAirbnbなどで短期~長期で住める場所もありますが、北京市の家賃は近年高騰しているため、1人部屋だと1ヶ月70,000円前後と考えてよいでしょう。

北京大学での語学留学における学習環境

クラスの期間

1ヶ月の短期、半年、1年など様々なスパンで受け入れてくれるので、ご自身の希望にあう形で留学しましょう。

どうしても希望する期間での留学ができない場合、近隣の北京語言大学や清華大学などにあたってみるのもよいでしょう。

特に、北京語言大学は細かなクラス分けとスケジュールで対応してくれるので、一度はチェックしてみるとよいです。

『中国語留学といえば北京語言大学!留学体験談を語る』を参照
https://gogakustudy.com/blcu-studyabroad/

クラス構成

基本は午前中に4時間の授業が組まれ、大まかに初級・中級・上級に分かれ、文章読解、リスニング、作文をメインに行われます。

また、希望者にはHSK対策も行ってくれます。

HSKの勉強法を知りたい方はこちら

可能なアクティビティ

北京大学留学時に訪れた万里の長城

希望者は市内散策、万里の長城見学、近隣都市への旅行など、書道や太極拳などの文化体験、その他スポーツも可能です。

北京大学に語学留学するメリット

何と言っても中国随一の難関大学で落ち着いて勉強できることでしょう。

北京大学の本科生は勉強熱心で、回りの雰囲気があなたの勉強を後押しするでしょう。

そしてキャンパスは然り、特に図書館は広々としており、勉強をするには最高の環境です。

近くには私立の語学学校も

北京大学付近には、複数の語学学校があります。

もし、大学の授業だけで物足りないと感じるのであれば、語学学校を活用するのもよいでしょう。

マンツーマンから少人数まで、そしてHSK対策など各々のニーズに応じた様々な形態の授業がありますので、一度は説明を聞くのもよいと考えます。

例えばBC学院など、日本人をターゲットにしている語学学校もあります。

BC学院URL:
http://www.bcmandarinschool.com/jp/

五道口駅付近にはショッピングモールも

北京大学から5分ほどバスに乗ると、鉄道の五道口駅があり、この近辺にはショッピングモールなどがあることから、一通りの買い物がここでできます。

北京大学への語学留学の費用

学費について

4週間など短期で約3~4,000元(為替相場を考慮して50,000~70,000円ほど)ですが、半年ですと約18,000元(約30万円)となります。

食費について

学食で済ませるのなら、100~200円前後で朝・昼・夜をまかなえます。

当然かもしれませんが、中華料理の種類もバラエティに富み、大学が提供しているだけあって、食の安全も問題ないこともポイントです。

学内にはコンビニ、スーパーなどもあり自炊も可能ですが、学食は味もよくて、調理の時間も割け、しかも安いのは非常に魅力的です。

北京大学への語学留学方法

北京大学の建物

あなたの大学が北京大学と提携していれば、大学を通じて留学することが可能です。

また、留学エージェント経由でも留学は可能ですが、もしエージェントを使わなくても直接申込みは可能です。

北京大学漢語修習URL:
 http://www.isd.pku.edu.cn/lxsq/fxwxm/hyjxxm/xqhyjxxm.htm

ご自身の状況に応じてエージェントを使うか使わないか決めるとよいでしょう。

ただ、留学エージェントによっては、留学先の寮の枠を持っていることもあるそうなので、もし大学側と直接交渉して寮が確保されていないのであれば、エージェント経由だと入寮可というケースも有り得ます。

ちなみに毎日留学ナビは北京大学のエージェントも行っています。

当エージェントにはビザのことについて、細かい質問もさせてもらったのですが、的確に答えてくれて非常に頼りがいがありました。

毎日留学ナビ URL:
https://ryugaku.myedu.jp/

中国での生活を便利にするアプリなどのツール

IT大国である中国での生活は、アプリなどのツールがあると非常に便利になります。

下記サイトにおすすめのツールをまとめましたので、ご参考ください。

中国での生活におすすめアプリ・サイト27選
https://gogakustudy.com/chinese-app/

北京大学への語学留学における注意点

天候について

夏場は30℃を超えることもある一方、冬場は−20℃に達することもあり、もし長期で留学される場合は、夏・冬の衣類をしっかり準備しましょう。

大気汚染にについて

政府が対策に乗り出したこともあり、以前のようにひどくはありませんし、普通に生活する分には問題ないでしょう。

どうしても気になる方はマスク持参をおすすめします。

虫除け対策が必要

夏場〜秋は大きい蚊が出るので、扉など空けていると入ってくるため、しっかり防蚊対策を行いましょう。 

日本人が多い

世界でも有数の大学だけあって、日本人の生徒も非常に多いです。

せっかく北京大学まで来たのに、日本人と行動して日本語ばかり使っていては、中国に留学したメリットを最大限活かすことはできないでしょう。

自分を律するべき時は律して、勉強に向かいましょう。

もし性格上、日本人が少ない大学で勉強がしたいとのことでしたら、日本では聞き慣れない他の大学を当たるとよいでしょう。

まとめ

北京大学のキャンパス

中国人なら誰もが憧れる北京大学への留学。

中国語の勉強をするには非常に落ち着いた場所ですので、

中国の名門大学の雰囲気を感じ取ってみたい
北京大学の環境を勉強の励みとしたい

と思うのであれば、北京大学はおすすめの学校です。

夏場などの短期から長期留学まで生徒を受け入れてくれるので、タイミングが合う方はぜひともチャレンジしてみてください。

他の場所へ中国語留学を検討されている場合はこちら


Warning: imagecreatefromstring(): Empty string or invalid image in /home/bijinabi/gogakustudy.com/public_html/wp-content/themes/shaper/functions.php on line 296