【英語が喋れないが留学したい!】留学直前に見るべき英会話フレーズまとめ

英語が話せないけど留学したい

と勢いで留学を決断したあなた。

すばらしい決断です!

そのあなたの姿勢をぜひともサポートするため、一番最初の語学留学で、誰もが同じように体験するであろうケースを想定して、英会話フレーズまとめました。

とにかく簡単、短く、覚えやすく、そしてちゃんと通じる英語・英会話フレーズを通勤・通学の一日の流れにそってご紹介します。

『不安、英語力ゼロ、これから留学します』という方が覚えるフレーズ

話せないけど初めての英語留学~通学編~

英語圏では、徒歩やバスを利用する生徒が大多数です。

日本と違い満員電車にすし詰めにされることはないので、通学は基本楽です。

ただし、道を間違えたら言葉が違うだけあって日本で迷う時の三倍は焦ります

また、日本のバスと違い停留所に名前もついていなければ、車内アナウンスもほとんどなかったりします。

そのため留学生は、学校指定の寄宿舎やホームステイ先から初日や最初の一週間は通学のお供をしてくれる指導員がいます。

また、ホームステイ先の人が途中まで見送ってくれることが多いです。

慣れるまではとにかく周囲の景色を良く見渡し、見過ごしのないように注意を払う必要があります。

そして迷子になった場合、英語での対処法を少し覚えておいた方が良いでしょう。

通学時に使えるかんたんフレーズ

通学時に使えるかんたん英語フレーズ

Bye now! / See you then! / Bye-bye バイナウ!/シーユーゼン!/バイバーイ
いってきます!(行ってきます、という言葉は英語にはありませんが、上記三種が良く耳にする気軽な「行ってきます」に代わるフレーズです)

I’m on the way to school. アイムオンザウェイトゥースクール
学校に行くところ(途中)です。

“I need to go to school.” アイニートゥーゴートゥースクール
学校に行かないといけません。

“I’m lost.” アイムロスト
道に迷いました。

“I‘m in hurry!” アイムインハリー
急いでいます!

“I want to go to the City Center.アイウォントゥゴートゥザシティセンター
シティセンターに行きたいです。(学校名を言っても余程の有名校でない限り、誰もその場所を詳しく知らないため、学校の近くにあるメジャーな施設の名前などは必ず覚えておきましょう)

※アンダーラインの単語(場所)を変えれば自由に使いまわしが可能です。

また、英語圏のバスは安価(学割有)で主要エリアならどこにでも行けて便利な反面、多くの路線があり、どれがどこに行くのか分かりにくいことが多いです。

乗り込む人や運転手に聞いて行き先を確認するのがよいでしょう。

Does this bus goes to the City Center? ダズディスバスゴートゥーザシティーセンター?

Which buss should I take to go to the City Center?などいう風に聞いても勿論OKです。

Does it go to the City Center?とちょっと簡素にしてもOK。

一方で迷子になり、バスもどれに乗ったら良いか分からない…時間もないし、タクシーを使ってとにかく早く学校へ行こう、という場面もあるでしょう。

その際は以下の表現が適切です。

Take me to there, please. テイクミートゥゼア プリーズ
この住所まで行って下さい。

もしくは学校の住所を書いたメモを常備しておけば、最悪それを見せるだけでも目的地へと運んで貰えます。

国にもよりますが日本と違い、流しのタクシーを停めることはほとんどありません。

※海外ではぼったくりタクシーもいるので、指定のタクシー乗り場できちんとしたタクシーに乗るか、GRABやUBERなどの配車アプリを使用しましょう。

話せないけど初めての英語留学~授業編1~

話せないけど初めての英語留学~授業でのフレーズ

最初は授業ではなく、オリエンテーションで留学の流れについて説明を受けることが多いです。

何を言われているのかチンプンカンプンかもしれませんが、ほとんどの人がそうなので、思い悩む必要はありません。

英語初心者の留学生を受け入れている学校ならば、先生方もその対応には慣れているはずです。

恥ずかしがらずどんどん質問して、分からなかったことを放置しないようにしましょう。

相手の話がわからない場合に使えるフレーズ

I can’t understand. アイキャントアンダースタン
すみません、わかりません。

Could you repeat that? クジューリピーザット?
もう一度お願いします。

Once more, please? ワンスモア プリーズ
もう一度良いですか。

Can you teach me from the top? キャンユーティーチミーフロムザトップ
最初から教えて貰えますか。

言葉の壁がある人同士が会話するのは疲れるものです。

誰であっても、協力をして貰ったならば必ずお礼を言いましょう。

Thank you so much for your help. センキューソォマッチフォーユアヘルプ
手伝ってくれて本当にありがとうございます。

I’m sorry for taking your time. アイムソーリーフォーテイキンユアタイム
お手間を取らせて申し訳ありません。

話せないけど初めての英語留学~授業編2~

学校の先生が留学新入生によく使う英語を揃えました。

Do you understand? ドゥーユーアンダースタン?
分かりますか?

Did you get it? ドゥユーゲティ?
分かったかな?

Is everyone okay? イズエブリィワンオーケィ?
皆大丈夫かしら?

Are you guys with me? アーユーガイズウィズミー?
皆ついてきてる?(理解出来てる?やちゃんと聞いてる?の意味)

Is everything clear? イズエブリシングクリアー?
分からないところはない? 

Can we proceed? キャンウィプロシード?
先に進んでも良いかな?

Any questions? エニィークエスチョンズ?
質問はない?

Come and see me if you need help. カムアンドシーミーイフユーニードヘルプ
質問などあったら聞きにきてね。

We are going to have a quiz next week! ウィアーゴーイングトゥハヴァアクイズネクストウィーク
来週小テストするよ!

テスト、と聞くとtestを真っ先に思い浮かべがちですが、英語ではquiz クイズが小テストを示し、期末テストなど本格的な試験はexamエグザムと言います。

TOEICのTはtest of English for international communicationの略ですが、学校内のテストでtestはあまり使われません。

「分かりましたか?」「分かったかな?」と聞かれることが最初の頃は多いですが、Can you understand?とは決して言われません。

Can you speak English? ではなく、Do you speak English?なのと同じです。

~できる?という聞き方は、倒れている人に”Can you hear me!?”(聞こえますか!?)と聞くシーンを想像して貰えると分かり易いのですが、「大丈夫?」的ニュアンスが含まれるので、失礼な言い方にならないように気を付けましょう。

話せないけど初めての英語留学~トイレに行く編~

I need to go to the restroom. アイニートゥゴートーザレストルーム
トイレに行きたいです。

May I go to the restroom? メアイゴートゥザレストルーム?
お手洗いに行っても良いですか?

I feel sick. May I go to the restroom? アイフィールシック メアイゴートゥザレストルーム?
気分が悪いのでお手洗いに行かせて下さい。

話せないけど初めての英語留学~昼休み編~

話せないけど初めての英語留学~昼休みでのフレーズ

学生同士がよく使う英語フレーズを集めました。

Hey, What’s up!  ヘイワッツアップ?
よぉ、調子どう?

これは男子同士がよく使う軽い挨拶です。

返答には正直I’m doing very good.(とても調子が良いです)と答えると「おま…真面目だなー」と笑われてしまうかもしれません。

軽い挨拶なので

Not much! ノットマッチ
ぼちぼちです

と軽く返すのが正解です。

What is your lunch? ワトイズユアランチ?
お弁当何?(Lunchは昼食という意味だけでなく、弁当という意味もあります。)

Do you have a quarter? ドゥユーハバァクオーター?
25セントちょうだい

持ってる?と聞いていますが、この聞き方をする相手はまず返す気はありません。

カツアゲ…ではなく、25セントくらいならお互い様感覚で、気軽に貸し借りするのが英語圏です。

国や地域により異なりますが、基本コーラ1本や公衆電話の価格です。

How was the quiz? ハウワズザクイズ?
テスト、どうだった?

Did you do your homework? ディドュードゥーユアホームワーク?
宿題やってきた?

We’re going to the mall after school.  Wanna come with us? ウイアーゴーイングトゥザモールアフタースクール ワナカムウィズアス?
私達放課後モールに遊びに行くけど一緒にどう?

Wannaはwant toの非常に利用頻度の高い省略語です。

話せないけど初めての英語留学~放課後編~ 

現地の学生や他の国からの留学生から放課後遊びに誘われたら嬉しいですよね。

自分からも積極的に誘って仲良くなりたいものです。

放課後を充実させる英語フレーズ。

Let’s play soccer! レッツプレイサッカー!
サッカーしようぜ!

I’m going to swim.アイムゴーイングトゥスイム
これから泳ぎに行くんだ。

Would you like to watch the latest movie? ウジューライクトゥウオッチザレイテストムービー?
最新映画観にいかない?

観たくない?と聞いていますが、観に行かないか、と誘っています。

Would you~はありとあらゆるシーンで非常に良く使われるので、必ず覚えておきたい疑問文です。

I’m dating her. アイムディティングハー
彼女とつきあってるんだ。

Any plan today? エニィプラントゥデイ?
今日何か用事あるの?

Yap. / Nop. ヤップ/ノップ
うん。/ない。

Yes/Noの砕けた表現ですが、学生は良く使います。

Hey, Ready to go? ヘイ、レディトゥゴー?
よ、行こうぜ。

I can’t.  I got detention. アイキャント アイゴットディテンション
ムリ。居残り食らった。

Detentionは拘留を意味する言葉ですが、学生生活においてこれを聞かない日はないくらいメジャーな学校用語で、罰による居残りを意味します。

学生が悪い言葉を使ったり(F〇ck youとかを安易に使うと一瞬でアウトです。面白がって使ってはいけません)飲酒喫煙をしたり、先生を怒らせたりするとすぐにdetentionになります。

折角の意中の子と放課後デートの約束をしたのに、detentionで行けない…なんてことにならないように気を付けましょう!

まとめ

留学直前に見る英会話のフレーズまとめ

英語圏に行き、英語で英語を習う、という感覚は最初はちょっと不思議に思えるかもしれません。

しかしいざ現地に行って英語漬けの生活を送ると、日本語で英語を習うって凄くつまらない…と感じてしまう程当たり前になっていきます。

また最初のうちは、何もかもがいきなり英語なので戸惑うでしょうが、自然と慣れて、最初は全く分からなかった英語の授業も、徐々に分かるようになるので大丈夫です。

学んで、遊んで、恋をして、人生の全てを英語で行う。

いわばネイティブと同じことを体験できる素晴らしいチャンスを得たのなら、その幸運を存分に楽しんでください。

そして英語以外にも沢山学んで、今後の人生に大いに活かして欲しいと思います。

トラブル時の英語・英会話フレーズ集を知りたい方はこちら

【トラブル時に必見】ホームステイ、寮、学校などでの英語・英会話フレーズ集【留学初心者向け】

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー

最初のコメントをしよう

必須