英語の早期教育は必要ない?【MBAホルダー監修】

【MBAホルダー監修】英語の早期教育は必要ない?

小さいうちから英語に触れさせないと、受験競争に負けてしまう
早く始めたほうが英語の上達がさらに良くなる

などと考えて、2〜3歳から子どもに英語をさせたりしていませんか?

私の持論ではありますが、小さい頃から子どもに必死で英語を勉強させるのは得策ではありません。

もちろん、子どもが英語を好きになり、英語を学習したいというのであれば止めはしないほうがよいですし、少し程度であれば英語を学ぶことを悪いとも思いません。

幼児向け英語の勉強法を知りたい方はこちら

しかし、大人が子どもに英語の勉強を強制したり、他の学習や遊びをそっちのけで英語に時間を当てるのは得策ではないでしょう。

英語を小さいときから勉強させるのは、色々想いがあってのことでしょうが、言語の習得には順序があります。

そこで当記事では、なぜ小さいときから英語に力を入れすぎてはいけないのか、代わりに何をすべきかを、わかりやすくお伝えします。

英語の早期教育よりも、日本語の習得に力を入れよう

そもそもですが、英語というのは子どもにとって第二言語となります。

つまり、第一となる言語がしっかり論理立てて話せないと、二番手となる言語も上手に話せません。

そこで、最悪の場合は日本語も英語も未熟で終わってしまうことが起こってしまいます。

実は、かのカリスマ現代文講師である林修先生も、上記に近い理由で英語の早期教育には否定的なコメントをされています。

英語を本格的に勉強させたいのであれば、まずは日本語が上手に話せるようになる小学生高学年〜中学生以降から力を入れると良いでしょう。

英語ができても仕事ができない?

転職市場において、転職エージェントから「英語ができて仕事もできる人が少ない」と聞いたことがあります。

そういった方々の中には、土台となる日本語でしっかりロジックを組み立てることを軽視した結果、英語でも物事をしっかり伝えることができない人も少なからずいるようです。

そこでぜひとも第一言語である日本語を磨き、そのうえ英語もできて仕事もできる社会人になってください。

英語はあくまでもコミュニケーションのツールです。

英語と日本語を使うにあたって混乱が生じる

英語の早期教育は、英語と日本語を使うにあたって混乱が生じる

特にお伝えしたいのが、子どもに早いうちから英語を教えすぎると、日本語と英語の使用において、話す際に混乱が生じます。

なぜかというと、英語は日本語と文法や単語がほとんど異なることからも、言語的に真逆だからです。

ポルトガル語を話す人が、言語系統がほぼ同じのスペイン語を話すのとわけが違います。

たとえば、英語だとSVOの語順が、日本語だとSOVとなり、単語の構成や発音もほとんど相違がありません。

小さい時に言葉の混乱をもたらしてしまうのは、学校生活や友達とのコミュニケーションにおいて、子どもが要らぬ苦労をするでしょう。

正直なところ、親が英語を強制しすぎて生活面で支障が出るようでは、本末転倒です。

早期教育におけるスピーキングについて

スピーキングについて、発音をネイティブ並みに話そうと思えば、確かに早くされる方がよいでしょう。

遅くなるほど、舌の動きが固まってしまい、流暢に話すことが難しくなる傾向にあります。

しかし、多少の発音の違いは、各々の国や地域で訛りがあるよう、過剰に気になさらなくてもよいです。

英語は日本人にとって第二言語とならざるを得ないのですから、英語の発音よりも日本語力をしっかり磨く方がよいでしょう。

いずれにせよ、英語を始めるタイミングとしては、小学校高学年〜中学生以降がベターかと思います。

英語はやる気があればいつでもできる

英語の早期教育より、英語はやる気があればいつでもできる

英語を始めるのに、早ければ早いほど良いという意見もありますが、本人にやる気がなければいつから初めても一緒です。

逆に年を取ってからでも、本人に英語を伸ばすという気持ちさえあれば何とかなります。

「スポーツなどと一緒で早く初めたほうがよいのでは?」というご意見も理解できますが、やる気のないものを子どもに無理やりさせても、心身ともに疲労を起こすだけなので、おすすめはしません。

逆に40歳から英語を真剣に開始して話せるようになった人もいます。

一方で留学したら英語が話せると勘違いし、留学先で遊び倒して英語が話せず帰国する若い日本人学生もたくさんいます。

要は学ぶためには本気度が必要なのです。

まとめ

英語の早期教育は必要ない?に関するまとめ

まずは日本語をしっかり話せるようになってから、つまりは英語を本気でやるとしても小学校高学年〜中学生以降がよいでしょう。

それまでは、子どもが興味あれば勉強をさせてあげる、興味なければ程々にというくらいがよいです。

その際は無理強いさせず、子どもに語学の楽しさを伝えてあげる程度で充分です。

グローバル化と叫ばれて久しい世の中ですし、グローバル化の波が押し寄せているのも事実でしょう。

しかし、グローバル化に立ち向かうためには、一見遠回りのように見えるかも知れませんが、日本語で考える力を養うことが先です。

日本語という土台ができた後に、英語という第二言語が活きることを意識いただければと思います。

小学生向けの英語の勉強法を知りたい方はこちら

 

人気記事【英語の心構えも徹底指導】英会話のLOBiの評判・料金をレビュー